第9回 これで解決!就労継続支援B型を紹介するコラム~そもそもどうして働くの?~



今回は「働く」という部分について深堀りをしていきます。

障害者年金だけでは生活が困窮する恐れがある

障害者基礎年金は1級の人で年間977,125円(月額81,427円)、2級の人になると781,700円(月額65,141円)となっています。
一見生活するには問題なさそうに見えてしまいますが、生活費や食費、雑費等を引くと意外とギリギリになってしまうのではないでしょうか?
就労継続支援B型の平均工賃が16,000円となっている為、工賃だけで全て解決とは行きませんが、それでも足しにはなるのではないでしょうか。

「就労」を通して生きがいを見つける

自分の仕事が誰かの為になり、認められるのはどんな人であれ嬉しいですよね。
そうやって自己肯定感を高めて行くことで、「やりがい」になり「やりがい」から「生きがい」になっていく…そんな風になれば毎日が楽しくなるのではないでしょうか?就労には単にお金を稼ぐという目的だけではなく、居場所を見つけ、生きがいを見つけていく。という大事な役割があります。

まとめ

今回の記事では「働く」という部分について深堀りをして行きましたが、働く理由はその人によって異なります。是非、この記事をきっかけに、なぜ働くのかを考えたり身近な人とも話し合ってみてください。

関連する記事

ページトップへ