第2回 これで解決!就労継続支援B型を紹介するコラム~どんな人が利用対象?~



第1回では就労継続支援B型(以下、就B)についての概要を解説しました。 今回はどんな人が就Bを利用することができるのかを紹介していきます。

就Bを利用できるのはどんな人?

就Bは身体や知的・精神に難病又は障害があり、利用について主治医の許可がある方。か
つ、以下の要件について「いずれか」を満たしている方が対象となります。
・一般就労の経験があるが、障害や病気等の理由により一般就労の継続が困難になった方

・就労移行支援や生活介護等のサービスを利用していたが、就Bの方が適切であると相談
員等から判断された方。
・50歳に達している方。
・年金障害者1級の方。
※更に細かな要件は各自治体によって異なります。

簡単なまとめ

少しややこしい言葉を羅列してしまったので、わかりやすくまとめます。
・働く意欲があるが、障害等の理由により一般就労が難しいとされる人。
・一般就労等はまだ考えていないが、工賃を得て仕事をしたいという思いがある人。
・本人の希望かつ、所定の要件を満たす人。
が利用対象となります。

 

次回「就Bの役割」に続きます。

関連する記事

ページトップへ