第10回 これで解決!就労継続支援B型を紹介するコラム~障害と付き合いながら働く~



今回は障害と付き合いながら働くことについての記事です。

どんな部分に困難さがあるのかを自己認知する

同じ障害を抱えていても生活上の困難さはその人によっても違いがあり、抱える悩みも人それぞれ違います。
仕事を選ぶ際にはどんな部分に困難さが生じるのか、あるいは生じる恐れがあるのかを自分自身でも把握できると良いですね。

障害が障害にならなくなる働き方

自分にあった事業所や仕事選びをすることで、自分にとって普段は困難さを産む障害で合っても、仕事をしている時には障害とならず、むしろ自分の強みになる可能性もあります。

例えばごみが1つでも落ちていると気になってしまい他の事が気になってしまう。という特性のある人であれば、清掃を仕事にすることでその特性を存分に活かす事ができるでしょう。
自分の特性に当てはめてみると、普段は障害となる事でも、強力な武器になる事もあります。

まとめ

自分自身の事をよく整理し、知る事で思わぬ部分で強みに繋がり活躍できる仕事が見つかるかもしれません。

自分だけではよくわからない。という人は身近な人にも自分について聞いてみてくださいね。

関連する記事

ページトップへ